生涯仮想通貨

仮想通貨との接し方を日々模索しております。

イーサリアムウォレットへのカスタムトークン追加

f:id:cryptovonj:20180604132254j:plain


ここではイーサリアム(ETH)のトークンを各ウォレットに追加する方法を紹介します。

 1.『カスタムトークンの追加』とは何か

ウォレットにまだ対応していないトークンを手動で入力し表記させる方法のことを『カスタムトークンを追加する』と表現します。

最近、無料でトークンを手に入れることができるエアドロップや取引所へ上場前に投資して安い値段でトークンを買うことができるICOが話題になっています。

このエアドロップで配布されるトークンやICOで手に入れるトークンも2018年現在、ETHのプラットフォームで作成されたものが大変多いです。

それらのトークンを保管する際に各取引所が対応していれば良いのですが、ほとんど対応されていることはなく、各自のETHウォレットに保存しなくてはなりません。

また作成されたばかりのトークンはウォレットが未対応となっている場合があるため、もしエアドロップに参加しトークンを手に入れたとしても把握することが困難になります。

その場合、ウォレットにトークンの情報を自分で追加して表示させる『カスタムトークンの追加』で管理することが容易になるので、是非行うようにしましょう。

 

カスタムトークンは以下の手順で簡単に追加することができます

  1. トークン情報(パラメータ)を調べる
  2. ウォレットへトークン情報を追加する

では、どのようにしてカスタムトークンをウォレットに追加していくか見ていきます。

 

 2.【手順①】トークン情報(パラメータ)を調べる

自分が追加したいトークンがウォレットにない場合、Ethplorerというサイトでそのトークンの情報を検索することができます。

https://ethplorer.io/

こちらのサイトを開くとこのようなページが表示されます。

f:id:cryptovonj:20180604130605p:plain

 

今回、CoinEXという取引所独自のトークンであるCETを例にしてトークンを追加してみます。

 ①トークン情報の検索

f:id:cryptovonj:20180604133010p:plain

 まずコイン名、プロジェクト名(ICOの場合)、シンボル名(略式表記)などで検索し、当てはまるものを選択します。

 ②トークン情報の確認

f:id:cryptovonj:20180604154838p:plain

追加したいトークンの情報が表示されます。

 ③必要情報のコピー

f:id:cryptovonj:20180604140755p:plain

この中でカスタムトークン追加に必要な情報はこの3つ

 ①Conrtact  ⇒ 例 0x081F67aFA0cCF8c7B17540767BBe95DF2bA8D97F0

 ②Symbol ⇒ 例 CET

 ③Decimals ⇒ 例 18

になるので、これらをコピーして控えておきます。

以上で必要な情報を得ることができたので、次にウォレットに情報を追加します。

 

 3.【手順②】ウォレットにカスタムトークンを追加する

イーサリアムの代表的ウォレットであるMyEtherWalletとMETAMASKへトークンの追加する方法を解説します。

 <MyEtherWallet作成手順はこちら>

cryptovonj.hatenablog.com

①MyEtherWalletへの追加手順

f:id:cryptovonj:20180604155355p:plain

MyEtherWalletを開き「トークン残高」の『カスタムトークンを追加』を選択します

f:id:cryptovonj:20180604153505p:plain

先程の情報を入力していきます。

  • トークン契約アドレス ⇒ ①Conrtact
  • トークンシンボル ⇒ ②Symbol
  • 桁数 ⇒ ③Decimals

を入力します。

f:id:cryptovonj:20180604153625p:plain

これらを入力して『保存する』を選択します。

f:id:cryptovonj:20180604153928p:plain

トークン残高に新たに追加したトークンシンボル名とその残高が表示されます。

 

これでMyEtherWalletへのカスタムトークンの追加ができました。

 

②METAMASKへの追加手順

f:id:cryptovonj:20180604161000p:plain

METAMASKへログインし『TOKENS』タブを選択して『ADD TOKEN』を選択します。

f:id:cryptovonj:20180604161226p:plain

先程の情報を入力していきます。

  • Token Contract Address ⇒ ①Conrtact
  • Token Symbol ⇒ ②Symbol
  • Decimals of Precision ⇒③Decimals

※METAMASKでは①を入力すると②③が自動入力されます。念のため自ら確認を!

f:id:cryptovonj:20180604161702p:plain

最後に『Add』をクリックすれば完了です。

f:id:cryptovonj:20180604161723p:plain

このようにトークンが追加されていることが確認できます。

 

これでカスタムトークンを各ウォレットに追加することができました。

 

4.最後に

イーサリアムトークンは現在、数多くの種類が世に出ています。

エアドロップやICOで手に入れたトークンは今後価値が出てくるものも多くあるため、しっかりとした資産管理をするためには手間かもしれませんがカスタムトークンを追加して、把握するようにしましょう。

 

ではでは。