生涯仮想通貨

仮想通貨との接し方を日々模索しております。

Verge(XVG) Electrum Wallet作成手順

f:id:cryptovonj:20180128041800p:plain

こんにちは、ぼんじゅーるです。

今回は匿名通貨の1つであるVerge(XVG)のElectrum Walletの作成についてお話したいと思います。

 

XVGは日本で人気のある匿名仮想通貨(暗号通貨)ですね。

現在XVGは、TREZORやLedgerNano Sなどのhard walletの対応がされていないため、取引所に保管している方も多いかと思います。

しかし他の仮想通貨と同様に取引所はハッキングによる盗難やGOX、出金制限などが起きてもおかしくはありません。

hard wallet対応もそのうちされると思いますが、ハッキングなどの不慮の事態はいつ起きるか分かりませんので、今すぐに自らの手で守られるところに保管しておきましょう。

 

XVGのwalletとして公式サイトで挙げられているものとしてはこれだけあります。

f:id:cryptovonj:20180128044232p:plain

この中でも一番手軽で使い勝手の良いのがElectrum walletとのことなので今回作成してみました。

 

1.ダウンロード

先にも述べましたが、XVGのelectrum walletをダウンロードするのは公式サイトからになります。

f:id:cryptovonj:20180128091939p:plain

 公式サイトのトップページに出ている『ダウンロード Verge Windows Electrumウォレット』を選択すると

f:id:cryptovonj:20180128092114p:plain

ここまでスライドするので、こちらをクリックしてダウンロードを行います。

 

2.walletの起動~設定

1. ダウンロードされたファイルを解凍します。

f:id:cryptovonj:20180128093034p:plain

 

2.解凍したファイル内にある『electrum-xvg.exe』をクリックします。

f:id:cryptovonj:20180128093114p:plain

 

3.『Install Wizard』が開いたら、下記のように『Create new wallet』と『Standard wallet』を選択します。(デフォルトでこれらが選択されています)

4.『Next』をクリックしてください。

f:id:cryptovonj:20180128100426p:plain

5.下記赤枠内に8つ(ないしは9つ)の単語が記されていますので、これをメモして控えておきます。

これらのseedはPCが故障した際などにwalletを復元するのに重要となりますので、必ず無くさないようにし、またwebなどに開示しないようにしてください。なお書かれている順番も重要となりますので順序も間違えないようにしましょう。

6.『Next』をクリックしてください。

f:id:cryptovonj:20180128100447p:plain

7.先ほどメモした8つ(ないしは9つ)の単語(seed)を先ほどの順番通りに赤枠内に入力してください。

8.『Next』をクリックしてください。

f:id:cryptovonj:20180128100459p:plain

9.Passwordの登録となります。簡単なPasswordにならないように注意して設定してください。

赤下線を引いた『Password Stremgth』が『Very Strong』になるよう文字数を多くしましょう。

10.確認のためもう一度Passwordを入力してください。

11.『OK』をクリックしてください。

f:id:cryptovonj:20180201024716p:plain

12.サーバー設定をしますが、こちらは『Auto connect』を選びましょう。

13.『Next』をクリックしてください。

f:id:cryptovonj:20180201024743p:plain

14.以上でwalletの作成が完成しました。

f:id:cryptovonj:20180201024800p:plain

 

3.XVGの受け取り方

それでは取引所からXVGを送金してみましょう。

Electrum Walletを起動し、『Receive』をクリックすると以下のような画面が出ます。

 

 

f:id:cryptovonj:20180201031204p:plain

『Receive address』がXVG受け取りアドレスとなります。

『Description』には特に何も入力する必要はありません。

Expires in』は受け取りアドレスの更新頻度の設定になります。

セキュリティ強化のため、初期設定では『1day』となっており、これは1日毎に受け取りアドレスが変更されるようになる設定となっていますので、別の日に再度取引所からElectrum walletに送金する場合、今表示されているものとは違ったアドレスに送らなくてはなりません。間違った送金をしないよう注意しましょう。

更新頻度は『1hour』『1day』『1week』『Never』の4種類の選択ができます。

もし受け取りアドレスを変更したくなければ『1day』を『Never』へ変更してください。

 

今回、取引所から試しに100XVG送金してみました。

f:id:cryptovonj:20180201024933p:plain

 

すると『unverified』=未確認となりました。

しかし、調べてみたところ、現段階では『unverified』と表示されてしまう設定らしく、ちゃんと着金しているようです。

なので、送金が完了していない?受け取れていない?セルフGOXした?というわけではないようなので、安心してください。

ちなみに将来的にwalletのアップグレードでこちらは改善する予定とのことでした。

 

これで取引所にXVGを放置することなく管理できるようになりましたね。

 

それでは、良い匿名通貨ライフを!